ticket_flowting

2016.08.24

大河ファンタジー『精霊の守り人』のロケ地となった「鹿児島県日置市」のご紹介

出展団体のご紹介、今回は大河ファンタジー『精霊の守り人』のロケ地となった「鹿児島県日置市」です。

hioki02

出展団体の日置市役所吹上支所地域振興課自治振興係長 宇都哲郎さんより以下のメッセージを頂いています。


大河ファンタジー精霊の守り人のひとコマで、聖導師(平幹二郎さん)に対して二ノ妃(木村文乃さん)が、「チャグムを死んだことにして欲しい」と懇願した場所が、鹿児島県日置市吹上町にある千本楠です。

県内でも有数のパワースポットとして知られており、そこに足を踏み入れると、樹齢1000年以上と言われる20数本の大楠が天に向かって梢を伸ばす生命エネルギーと巨木の森が放つマイナスイオンで満ち溢れています。

今回、大河ファンタジー撮影のご縁があって、出場させていただくこととなりました。私のまち「日置市」を一人でも多くの方に「見て」「聞いて」「楽しんで」いただき、日置市の魅力を感じていただきたいと思います。


さらに、宮路高光輝日置市長からも応援コメントを頂いています。

hioki06


日置市は、県都鹿児島市に隣接し、薩摩半島の中ほどに位置しております。この度は、大河ファンタジー撮影のご縁に恵まれまして、ふるさと甲子園に出場させていただく運びとなりましたことに深く感謝申し上げます。

今回撮影地となりました「千本楠」を始め、夕日が水平線に沈む東シナ海、南北47キロに及ぶ白砂青松の吹上浜、優れた泉質を誇る吹上温泉郷や湯之元温泉郷といった多くの自然に恵まれ、また、鎧兜の武者行列「妙円寺参り」、県内最大の薩摩焼の産地「美山窯元祭り」、御神田で泥まみれで踊る「せっぺとべ」、のどかな田園風景に約7千本以上の小松明の炎がゆらぐ「山神の響炎」といった地域の伝統行事が受け継がれてきております。

hioki03

雄大な自然と特色ある伝統行事を継承する、ふるさと「日置市」を是非ともよろしくお願いいたします。


8月27日はぜひ日置市のブースを訪れて、自慢のグルメを楽しんでくださいね!

入場&グルメチケット購入はこちらからどうぞ(リンク)

ページトップへ