地域のPR

PREFECTURES PR

2019.07.19

全国ふるさと甲子園への道~長崎県島原市編~

●島原市ってどんなまち?
島原城・武家屋敷・雲仙普賢岳・有明海の風光明媚な城下町

長崎県の南東部島原半島の東端にある、温暖な気候で水と緑に恵まれた島原市。城下町として栄えた名残で、現在も島原城を囲むお堀と武家屋敷が古き面影を漂わせています。西には「眉山」、その奥には1990年に噴火した雲仙普賢岳の溶岩ドーム「平成新山」、東には「有明海」を望む風光明媚な城下町です。

●島原市のロケ地紹介
島原の素朴なスイーツ「かんざらし」とその名店「銀流」の復活物語!

NHK長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」は、湧水を使った島原の素朴なスイーツ「かんざらし」を巡る物語です。かんざらしの名店「銀流」の復活プロジェクトに”地域おこし協力隊”として携わることになった桐畑瑞樹(貫地谷しほり)の奮闘を描いており、その舞台となったのが、浜の川湧水「銀水」です!

●島原市のグルメ紹介
島原の湧水で作る素朴な郷土の味”かんざらし”

白玉粉で作った小さな団子を「島原の湧水」で冷やし、特製の蜜をかけたもので、口の中でとろけそうな上品な甘さと喉越しの良さが人気の素朴な郷土の味です。元祖かんざらしのお店であった「銀水」の復活をドラマ化した、「かんざらしに恋して」が本年2月に放送され、多くの方が「かんざらし」を求め来島されています。

●当日の見どころ・意気込み
知れば知るほど好きになっていくまち“島原市”

島原はみなさんが知っている以上に魅力がたくさんある街です!島原のことを知れば知るほどいつの間にか島原の魅力に惹かれているはず!島原市民としての一層の誇りと愛着を持ち、住み続けたいと感じ、市外の人も島原への興味を抱き、来て、住み、移住したいと思えるようなまちをみんなで作っていけたらと思います。

●その他PR

島原城は築城400年!魅力を発信中!
築城から400年を迎える島原城・城下町の歴史や文化を振り返り、新たな文化や魅力を創造し、次世代に伝承していくため2018年~2024年の7年間、島原城築城400年記念事業を実施します。島原城の魅力をどしどし発信してまいりますので、是非ご期待ください!

ページトップへ