地域のPR

PREFECTURES PR

2018.07.23

全国ふるさと甲子園への道 ~石川県輪島市~

輪島産の「サザエご飯」と能登の棚田米を堪能!「石川県輪島市」のご紹介

●輪島市ってどんなまち?


日本海に突き出た能登半島の北側にある輪島市は、日本海交易の要地として栄え、室町時代には日本10大港に数えられていました。江戸時代から明治時代にかけては、北前船が寄港し輪島塗を全国へ広め、輪島塗は現在も市の主産業であります。非常に多くの工程を経て作られる(最上級品では120を超える)ため、堅牢優美で名高いものです。
漁業も盛んで、天然ふぐの水揚げ量は5年連続日本一(2011~2015)。また、「輪島の海女漁の技術」は国の重要無形民俗文化財です。

 

●輪島市のロケ地の紹介


輪島市ではNHK連続テレビ小説「まれ」の舞台となりました。白米千枚田や琴ヶ浜海岸など「まれ」のオープニングにも登場した美しい風景が注目を集めています。

●輪島市のグルメの紹介


国の重要無形民俗文化財に指定された、輪島の海女が採ったサザエを炊き込みご飯にしました。お米は能登の棚田米を使用しています。

●当日の見どころ・意気込み

輪島市の風土や文化を知ってもらい、観光誘致を図りたいと思っています。
また、輪島市の特色を映像製作者へPRし、撮影の誘致も目指しています。

ページトップへ