地域のPR

PREFECTURES PR

2018.07.11

全国ふるさと甲子園への道~群馬県高崎市編~

年間200本⁉映画が生まれ、映画を楽しむまち「群馬県高崎市」のご紹介

・高崎市ってどんなまち?

高崎市は広大な関東平野の北端に位置する群馬県を代表する中核都市で、交通の要であるとともに山と緑に囲まれ、豊かな水資源と恵まれた環境から野菜、果樹栽培、畜産など多くの農産業がおこなわれてきました。高崎市は現在、「高崎フィルムコミッション」を設立し年間200本もの撮影依頼を引き受ける映画のまち。31年の歴史を誇る「高崎映画祭」や昭和を感じられる「高崎電気館」など、撮影だけではなく上映も盛んに行っています!もちろん映画だけでなく、「白衣観音」「縁起だるま」「榛名神社」など運気アップのなど観光を楽しめる魅力あふれる場所もたくさん!

・高崎市のロケ情報

堤監督など名だたる監督が審査する”未完成映画予告編大賞”、その第1回優勝作品「高崎グラフィティ」は全てのシーンが高崎で撮影されたという高崎で生まれた作品です。高校を卒業した幼馴染5人が、様々なトラブルに巻き込まれていく青春ストーリー!また、映画「HiGH&LOW THE MOVIE4 FINALMISSION」では工場を使って撮影がされた。映画のまち高崎が生んだ、大賞作品そしてイケメン作品の世界観に酔いしれてみるのはいかかでしょう。

・高崎市のグルメ紹介

群馬県民のソウルフード「焼きまんじゅう」。1串に蒸した4つの大きな御饅頭があつあつで刺さっていて、そのふわふわの饅頭にパクッかぶりつきたくなる1品!サービスエリアで食べたことのある人もいるかもしれませんが、街角に必ず一軒はある名店の中から厳選して登場。 本場の味をぜひ味わってみてください!

・当日の見どころ・意気込み

高崎フィルムコミッションをはじめ、様々な映画活動を行っています。そして、年間200本以上の撮影協力依頼と60本の撮影実績をもっと全国的にPRし放送業界以外にもっと「高崎好き」を増やそうというおもいから、皆様の頭の中に高崎浸透しますように願って、一生懸命PRしていきたいと思います!

ページトップへ