地域のPR

PREFECTURES PR

2018.08.18

全国ふるさと甲子園への道 ~兵庫県新温泉町編~

とろける但馬牛が贅沢!「兵庫県新温泉町」のご紹介

 

  • 新温泉町ってどんなまち?

 兵庫県の北西部に位置し北は日本海、西は鳥取県に接する地域で、内陸部は1,000メートル級の山々に囲まれています。また平成22年10月4日に世界ジオパークネットワークへの加盟が認定された『山陰海岸ジオパーク』の中央に位置し、山陰海岸国立公園、氷ノ山後山那岐山国定公園、但馬山岳県立自然公園等の自然公園指定区域が面積の46.3%を占めており海と山と温泉を包含する豊かな自然環境を有しています。

 

  • 新温泉町のロケ地の紹介

  新温泉町は、「湯けむりの郷」と呼ばれています、また1981年NHKドラマ「夢千代日記」(吉永小百合主演)のロケ地としてその風情が全国に知られるようになり、以来「夢千代の里」と呼ばれることもあります。過去に30数万人の観光客が訪れ、以後は減少傾向にありましたが、再び増加しており、風情ある温泉街の撮影風景にはもってこいです。

 

  • 新温泉町のグルメの紹介

 「じゃぶ」とは、野菜を煮込んでいるうちに水分が出てきて「じゃぶじゃぶ」してくることに由来しています。特に新温泉町八田・照来といった山深い地区では、昔からお祭りやお盆などハレの日の料理として振る舞われてきた郷土料理です。今回のふるさと甲子園では、但馬牛が入った「但馬牛じゃぶ丼」をご提供します!

 

  • 当日の見どころ・意気込み

 撮影実績のPRや、ブランド食材の『但馬牛・松葉ガ二』を始めとする豊富な食材や『湯村温泉・山陰海岸ジオパーク』等の地域資源を活用して、新温泉町の認知度・ブランド力の向上を図り観光交流人口の増加や認知度向上による移住定住の促進につなげたいと考えています。

 

ページトップへ