地域のPR

PREFECTURES PR

2018.08.06

全国ふるさと甲子園への道 ~福井県美浜町編~

減塩で旨味たっぷり!地元に伝わる伝統のへしこ料理を堪能!「福井県美浜町」のご紹介

 

●美浜町ってどんなまち?

 福井県の南に位置する嶺南地域は、若狭湾沿岸に6つの市町からなります。この地域は、古くから栄え、塩や海産物など、朝廷に献上されるなど、御食国と呼ばれております。リアス式海岸で、暖流と寒流がぶつかることから、魚の種類も豊富で、サバなどが大量に獲れております。このため、多くのサバを塩漬けして運び、京の台所を支えておりました。さばを運んだ道を「鯖街道」として、日本遺産に登録をされております。海、湖、田畑、山の自然が凝縮して地形をなすことから、おいしい食材の宝庫として、食通には、欠かせない地域でもあります。

 

●美浜町のロケ地の紹介

 美浜町は歌手さだまさしさんの小説・映画「サクラサク」の舞台です。瑞泉寺の満開の桜のシーンは印象的でした!2018年には、青春群像劇を描いた、高杉真宙さん・武田梨奈さん出演映画「世界でいちばん長い写真」の撮影が行われました。美浜町の自然豊かな風景が映画の随所に映し出されています。

 

●美浜町のグルメの紹介

昔から親しまれてきた「さばのへしこ」は、さばのぬか漬けのことです。
日本海でとれたさばを米ぬかに漬け込み、長期間熟成させた保存食で、美浜ではさかんに作られています。へしこを焼き、身をほぐし、ご飯にのせてお茶漬けにするのが昔からの一般的な食べ方ですが、最近「へしこ寿司」が地元で人気を集めています。 一見、マス寿司のようですが、食べるとへしこ独特の旨みが口に広がります。当日は約サバ寿司とへしこ鮨をご提供しますのでぜひご賞味ください!

 

●当日の見どころ・意気込み

 今までの撮影実績のPRを行って、地域の認知度・ブランド力の向上を図りたいと考え出展しました。また、この甲子園に参加することで、認知度をさせ、交流人口、移住者・住民の増加につながればと考えています!

ページトップへ