地域のPR

PREFECTURES PR

2019.06.10

全国ふるさと甲子園への道 ~秋田県鹿角(かづのし)市編~

◇鹿角市(かづのし)ってどんなところ?
八幡平・十和田湖・3つの温泉郷がある自然豊かなまち!
鹿角市は、北東北三県のほぼ中央に位置し、南に八幡平、北に十和田湖の国立公園を抱え、八幡平、湯瀬、大湯の3つの温泉郷を有した自然豊かな地域で、春には八幡平山岳道路のスケールの大きい雪の回廊と里山の桜を同時に楽しむことができます。また、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「大日堂舞楽」と「花輪ばやし」をはじめ、伝統と文化を受け継ぐまちです。さらに、秋田名物きりたんぽの発祥の地でもあり、日本短角種である「かづの牛」や「八幡平ポーク」、「淡雪こまち」や「かづの北限の桃」など数多くの特産物があります。

◇鹿角市のロケ地の紹介
山田孝之プロデュースの映画「デイアンドナイト」のロケ地!
山田孝之プロデュースの映画「デイアンドナイト」のメインロケ地となった「中滝ふるさと学舎」は小学校の廃校舎を改築した交流体験施設です。ピザつくりやきりたんぽ作り体験、クラフト作り体験のほか、ケビン棟への宿泊も可能で、森のCaféこもれびでは、かづの牛や八幡平ポークなど地元食材を使ったオリジナルメニューや「デイアンドナイトカレー」が味わえます。映画の中では、子供たちが暮らす「風車の家」として登場します。

鹿角市のグルメの紹介
鹿角が発祥の地とも言われる「きりたんぽ」をご提供!
きりたんぽは、炊き立てのご飯をすりこぎで潰し杉の串に握りつけ炭火で焼き上げたもので、鹿角が発祥の地と言われています。きりたんぽ鍋は比内地鶏のダシのきいた醤油味の秋田を代表する郷土料理で、鍋の具材はきりたんぽ、地鶏肉、きのこ(舞茸やシメジなど)、ねぎ、ごぼう、こんにゃく、せりなどで、鹿角に来ると味噌味や塩味のほかキジのダシを使ったオリジナル鍋も味わえます。

鹿角市からのメッセージ
ユネスコ無形文化遺産に登録されている「花輪ばやし」と「大日堂舞楽」に注目!
花輪ばやしは、花輪の総鎮守、幸稲荷神社に奉納される祭礼囃子で、豪華絢爛な10町内の屋台(山車)が町内を練り歩きます。大日堂舞楽は、1300年の歴を持つ舞楽で、毎年正月二日に奉納されます。大里、小豆沢、長嶺、谷内の四集落から、八幡平小豆沢地区にある大日霊貴神社(オオヒルメムチジンジャ)通称大日堂に、能衆(舞う人たち)が集い、神社の社前と殿内で舞楽を奉納しています。

その他PR
鹿角が誇る世界級遺産を巡る煌びやかで特別なツアーをご紹介!
ユネスコ無形文化遺産「花輪ばやし」、「大日堂舞楽」をはじめとした文化遺産を体感できる満喫プラン(6~7月)と「花輪ばやし」と「毛馬内盆踊」を桟敷席で見れる黄金プラン(8月)。いずれも温泉宿に泊まるプランで特別価格で提供しますので、ぜひこの機会にご利用ください!
問合せ:「あんとらあ」道の駅かづの

ページトップへ