地域のPR

PREFECTURES PR

2018.08.20

全国ふるさと甲子園への道 ~滋賀県大津市編~

必見!話題の“天雲”って?「滋賀県大津市」のご紹介

 

●大津市ってどんなまち?

 古くから軍事・交通の要衝として歴史舞台に度々登場し、京都に向かう最後の宿場町として大きく発展しました。また、日本一の湖を抱える滋賀県の県庁所在地で、風光明媚な土地柄から天智天皇や最澄、紫式部、松尾芭蕉など歴史上の人物に愛された町でもあります。さらにその自然に育まれた特性から、近江牛や湖魚佃煮、地酒など美味しい食べ物もたくさん!

 

●大津市のロケ地の紹介

日吉大社などで、映画「曇天に笑う」のロケが行われました。また、「ちはやふる」の舞台もここ滋賀県大津市です。名所や旧跡が多く残った、市内の様々な場所や空間を活用して、これまで数多くの映画やドラマの撮影が行われてきました。

 

 ●大津市のグルメの紹介

 当日は、映画「曇天に笑う」から着想したパロディーグルメとして、新商品「天曇カレー」を販売します!!はたしてこれは、天丼なのか、カレーなのか?ぜひご自身でお確かめください!

 

 ●当日の見どころ・意気込み

 大津市が誇るロケ地を県外の多くの方に知っていただき観光客の誘致に努めたいと考えています。

また、制作者とのマッチングも希望しており、大津市で撮影を行って頂けるような機会も作りたいと考えています。

ページトップへ